私の在処

漫画とかアニメとか、たまにスポーツのこととかについての日記(多分)
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

第3回海燕オフ報告書その2「ゼロ年代の物語における「契約」」

 さて、このオフ、なんせ2日間朝から晩まで起きている時間はずっと話をしていたわけで、グイン・サーガ以外にもいろんな話題がありました。
その中でほぼ全員が参加して語り合われた話題が「ゼロ年代の物語における「契約」について」の話題ですね。実に興味深い話題でした。
 いずみのさん、海燕さんが既にそれぞれブログできちんとまとめていらっしゃいますので、個人的な感想を少しだけ書こう、と思います。
 90年代中期以降、インターネットの普及により、並行して存在する多くの価値観に触れる機会が急速に増えました。
 また、同時に、ネットには、あらゆる情報があふれています。その中でいかに生きていくべきか、ということは現在、いわゆるゼロ年代における重要な課題であると実感しています。
 「新世紀エヴァンゲリオン」で、碇シンジは、TV版のほぼ全編を通して迷い続けます。 彼は父、ゲンドウに、エヴァ初号機に乗れ、と命令される。しかし、同時に、「でなければ帰れ」とも言われるわけです。厳密には、完全なる強制ではなく選択肢が与えられているわけですね。
 実際にシンジはこの後、何度も逃亡を繰り返す。彼に、絶対的な強制力が敢えて化せられなかった結果、自分で自分に行動の責任を取らなければならなくなった。しかし、自分で自分の行動を決定する絶対的な理由を見つけることは困難なんですよね。だから迷う。そしてシンジ君は、最後まで答えに到達することが出来なかった。

 さらに以前の作品だったら、シンプルに父の命令を受け入れるか、その命令に対応したアンチ命令的な行動理念を獲得して、ストーリーは進んでいったのではないか、と思う。

 ただ、エヴァではキャラクターの内面を詳細に描こうとしていました。そういう作劇方法もあって、前述のようなシンプルな結果にはならなかった。シンジは葛藤するが、それ故に結論に至ることはなかったわけです。

 エヴァにおけるシンジがそういう描かれ方をしたその背景に、前に述べたネット普及による影響はあると思うのです。

 膨大な情報、互いに相反するがいずれも説得力のある言説、理論、価値観。似通っているが微妙に異なる言説、理論、価値観。その存在に触れた上で、自説こそが正しいのだという確信を持って行動することが、困難になってきている、そういう面の現れではなかったか、と思います。

 エヴァでシンジ君は最後まで信じられる理論には到達できなかった。TV版のラストでは「僕はここにいてもいいんだ」という結論には到達したが、形而下の事象として、彼が何を為し得たかは提示されないままであった。
 劇場版のラストでも、最後に残った自分以外の個としての人間、アスカの首を絞めようとして終わる。そこに建設的なものは提示されなかった。

 だからこそ、現代の物語において、主人公が行動を起こすためには、まず決断ありきなのだ、というのは解りやすい流れだと思いました。

「DEATH NOTE」の八神月は、人の死を操ることの出来るデスノートを手に入れて、ほとんど葛藤なしに、その力を行使します。そのダイナミズムがこの作品の最大の魅力の一つとなっています。凶悪犯罪者を殺していくことにより、犯罪抑止に繋げ、より平和な世界を創り上げていく。手段が「殺人」であるだけに、月の行動理念は決して全面的に肯定出来るものではありません。少なくとも刑法では殺人罪の構成要件に該当する可能性が非常に高い行為であると言える。
 にも関わらず、八神月はデスノートによる殺人である「裁き」に対してその是非に対する葛藤をほとんど行わないのです。1巻の最初の頃を除いて、月は「裁き」に対して最善の行為だと確信しきっているように見える。

 あらゆる価値観の並列化、可視化による擬似的な相対化により、一意な自己の行動理念の設定がより困難になった現代に置いて、それを成すには、割り切った「決断」が必要である。「DEATH NOTE」の八神月というキャラの描かれ方から、そういったメッセージを読み取ることは可能であろう。

 そういった現代、いわゆるゼロ年代の状況に置いて、有効な作劇手段として「契約」という概念が重視される、ということもわかりやすい。
 
 オフの会話の中で出てきた話ですが、
 前提として、物語の中であるキャラクターが行動を起こすためには一般的に「目的」と「その目的を成すための手段(能力)」が必要となる。
 その必要条件である「目的」あるいは「手段」、またはその両方を持たず、行動を起こすに至っていないキャラに対して、「契約」はそれを強制的に与えることの出来るファクターになるわけです。

「Fate Stay Night」の士郎とセイバーの契約は「正義の味方を継ぎたい」という「目的」を持った士郎に「マスターとしてセイバーを使役し聖杯戦争に参加する」という手段を与えることにより、今まで学園に埋没していた士郎を戦いの表舞台へ立たせるわけです。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」に置いても、「世界を変えたい」という「目的」を持ったルルーシュにC.C.が「絶対遵守の能力であるギアス」という「手段」を与えることにより、変えられぬ運命、日常に厭いていたルルーシュが、一人での世界への反逆を開始するわけです。

 設定としてコンパクトかつ必要十分に機能するわけですね。

 こういう「契約」パターンは、いわゆる「巻き込まれ型」の一類型と言えるでしょう。オフの際でも指摘されていましたが、このパターンの場合、必ず「再契約」の機会が付与されるのですよね。
 最初は訳が分からないうちに「契約」を結ばされるわけです。なぜならちょっとばかりその契約の是非を考えたとしても正解が出ない、という前提条件があるからです。
 だからこそ、最初の契約のまま、幾らかのイベントをこなす中で、状況の把握、あるいは精神的な成長、パートナーとの間の信頼の獲得などを経た上で、再度、契約の機会が与えられることによって、より能動的なドラマとしての外形を完成させるわけです。

 ルルーシュは皇帝シャルルとの戦いにおいて、C.C.が記憶を失うことにより、彼女との契約を一旦無に帰されることになります。
 C.C.はルルーシュと共に在り、そして「自分自身として死ぬ」ことを望んでいた。だが、 彼女は全てを忘れ、幼い少女に戻ってしまう。
 しかし、ルルーシュは記憶を失ったC.C.をその傍らに置き続けます。
 以前のルルーシュであれば、自分に取って役立たずになったC.C.など切り捨ててもおかしくはなかったと思います。しかし、ルルーシュはそうしなかった。「運命をともにする」という契約をむしろ彼から再提示までするわけです。そこには、「独りではなくなった」ルルーシュの成長と、再び記憶を取り戻すはずだというC.C.への信頼が生まれていることが見て取れます。

 まさに、「契約・再契約」のファクターが十分に機能した例だと言えるでしょう。

 私も、今書いている話で契約・再契約のパターンを採用しようとしています。一度は没にしようとしたのですが、作劇上の段取りをかなりの部分、圧縮できるのですよね、これを採用すると。その有効性を肌で実感しています。
 
漫画 | permalink | comments(2) | trackbacks(9)

ヒビキのマホウ(1)

評価:
依澄 れい,麻枝 准
角川書店
¥ 588
(2005-08-10)
久々に更新してみるテスト。

ヒビキのマホウ、表紙買いして1年以上積んだままになってた漫画ですが、ようやく読みました。

原作:麻枝准に漫画:依澄れい、という少し以前からのKeyファンからすれば、ちょっとびっくりする作者コンビです。
 それに1年以上経ってから気付いた自分にもびっくりです。
 内容的には、まぁKeyでした。ちょっと以前のKeyという感じ。
 心の奥底(だけ?)を揺さぶってくれる作品ではあります。
 まだ、麻枝さん、こういうのも書いてくれるのかぁ、と思ったら、学生時代に描いた小説が元になっている、というコメントを見て少し寂しくなりました。

 やっぱりこれは過去のものであって、現在(いま)のものではなかったのか、と。

 まぁ、「AIR」とかまで極めたものを書いてしまうと、もう、そっちの方を書こうという気が起こらなくなるのも、分かりすぎるぐらい分かるんですけどね。

 この世界の「マホウ」は少し面白かった。マホウの成就に対して対価が必要、という点で、決して万能でないものとして描かれている辺りは「鋼の錬金術師」の等価交換を思い出すのですけども、マホウの場合は決してそれが「等価」の交換ではないのですよね。
 代償として、比べものにならないほど大事なものを取り上げられることが往々にしてある。
 そこにほぼ常に悲劇が生まれるのですが、それでも読後感が決して悪くないのは評価できます。

 例えば、作中でマホウを兵器転用するためのプロセスとしてホムンクルスが生成されたりします。このホムンクルスは、無から銃器を生み出す能力を持っています。Fateで言えば魔法クラスのことをやってのけるわけですが、その能力を使うごとに「自分が存在する力」自体を失っていき、やがて無へと消えるのです。 
 彼女、(このホムンクルスは幼い少女の外見をしています)、はそれでもマスターを守ろうとする。それも命令ではなく、自らの意志で。

 「北風と太陽」の太陽のような作品。優しいだけの作品ではない。だからこそ、その優しさが際だつんだと思います。
 


漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(18)

CLANNAD第11話「放課後の狂想曲」感想

展開早!!!(爆)

このペースだと後3回でことみ編には決着が付きそうですね。

ということはことみが○に○○○○ってしまった所で年越しですか(爆)
ひで〜ことしやがるw。

 しかし、前回予告が公式MADだと一部で話題になってましたが、正直原作のシナリオをきっちり把握している人間(私のような)にとっては、これは本編全部がMADに見えますよ。
 原作との違いをいちいち挙げていたらマジできりがないっす。
 原作との違いが多すぎるといえば「AIR」劇場版という前例があるのですが、あの往人さんのお母さんが普通に生きていた衝撃はいまだに心に残っているところです。

 でも、京アニの場合は、そういう根本的な違いではなくって、
  仝矯遒謀仂譴垢襯掘璽鵑僚臠屬鯑れ替えている。
 ◆(未離掘璽鵑謀仂譴垢訛羯譴鬚佞鵑世鵑房茲蠧れている。
 
 △極端になったり、,汎瓜に起こると、
  異なるシーンの台詞をつなぎ合わせて意味のとおる新たなシーンをつくり出している。

 という印象になります。

 はすなわちMADの一般的な一形態の説明そのものですよね。

 今回、既に演劇部に出入りしてる状況にありながら、
 10話の感想で述べた、跳ばされた3回目の出会いのエピソードが出てきます。
 日曜日に出会うシーンに統合されてました。
 弁当を半分こするエピソードはほとんど意味は変わってしまってましたね。既に演劇部で頑張っていたので、あのどうしようもないせつなさは消えていました。この世には朋也しかいない、というようなあのせつなさは消えていた。
 でも、未だ、朋也にひたすら頼っている状況なのは事実なので、ここでこのエピソードを挿入することは可能なんですよね。ことみのいびつさの魅力は減衰しているのですが、より広い視聴者に受け入れやすくなっているとは思います。
 同じ流れであの名台詞「おとといは兎を見たの、昨日は鹿、今日はあなた」も来ました。もうちょっと後で来るかと思ったけど予想外。

 Aパートラストに持ってきて投げっぱなしにする辺りは、原作プレイ1週目の時のあの置いてけぼり感を再現する意図だったのだと思います。
 2回見た後の人間にとっては、あの後の「得意の魔法に失敗してあわてている魔法使い」であることみの照れた表情とかごまかそうとする言い回しとか、その裏の深刻な絶望の闇とかがすっとばされてしまったのは非常に物足りないのですけれど、アニメではこの時点でそれをやるわけにはいけませんので妥当というか賢明な演出だと思います。ある意味あのシーンは叙述トリックに近い性質を持っていましたから、見せちゃうと全部わかってしまうという。

 さて、次回予告を見ると完全に跳ばされると思っていた「でーと」のエピソードもきっちり入れるようですね。これもびっくり。多分中の台詞はかなり(別のシーンのものと)入れ替えられるのだとは思いますけれど、省略されなかったのはありがたいですね。
 しかし、ついに飛行機雲ですよ。やばいなぁ。

 今回のこの次回予告だけでこれだけ盛り上がれる自分が幸せですw
漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(7)

京アニ版「CLANNAD」第10話「天才少女の挑戦」感想(暫定版)

ついに、始まりました。

始まりました……のですが、

え〜と、いきなり重要なエピソードが跳ばされてます(泣)

図書室での3回目の遭遇(アニメでは4回目ですけど)の時は、

ことみが、朋也と半分こするために、毎日、弁当を半分食べずに残している、ということに朋也が気付くところなんですよね。春原が本棚を荒らすエピソードはそのまま残ってたのですけど……、

 原作だと、いつ来るかわからない自分を待って、いつも弁当を半分残すことみを気遣って、毎日昼を食べに来ることを約束するわけですが、

 アニメでは、杏にも指摘されてましたが、すでに渚を「渚」と下の名で呼んでいるような状況ですんで、ことみと朋也の二人きりのエピソードは挿入しづらいんでしょうね。
 その辺もことみシナリオは非常に排他的なので……。

 プチ悔しいです。ずっと以前の日記(確か2話の感想?)でも指摘していたことですが、あまりに構造的な問題で悲しいですね。とほほ。

 で、何より、原作では、その流れの中であの名台詞

「おとといは兎をみたの、昨日は鹿、今日はあなた」

が、あったわけなんですよね。

 朋也が自分のことを忘れてしまっている、ということを自覚しながら、それでも過去のつながりに縋ろうとした。
 幸せだったころの欠片へと手を伸ばした。

 そして、現実を思い知らされた。

 その、大きなターニングポイントが、アニメでは無くなってしまっています。
 
 原作では、これがあったからこそ、朋也に図書室から無理矢理連れ出されても、彼女なりに頑張って初めて逢う人達に対応しよう、という態度にもなったのだと思ったのですが……。

 アニメではそれを跳ばしていきなり渚とコミニュケーション取ってるし……、原作知ってると凄い違和感が……、
 と言いつつ、まぁ、普通の人間ならそれぐらいのコミュニケーション取れて当たり前なんで、普通に見る分にはこっちの方が自然なんでしょうね。

 あと、例の台詞も、伏線回収の近くに置いた方が話としてわかりやすくなる、というのも事実ですので、おそらくヴァイオリン騒動wが一段落した辺りで出てくるのかな、とも想像します。とりあえず今後に期待。

 あと、アニメオリジナルの展開として、ことみシナリオに智代が登場します。
 これも、ちょっとびっくり。しかも、ちゃんと伏線になってる辺りはさすがだな、と思いました。京アニはやはり、やってくれますね。

 それからヴァイオリン関係で、仁科さんも出てきました(名前は出てきてないけど)。合唱部(仮)の彼女は、原作では立ち絵がないキャラなのですよね。でオフィシャルコミックでは若干ウェーブのかかった黒髪で少しぽっちゃりしたイメージの女の子だったのですが、

 アニメ版の彼女は、黒髪ロングで前髪の長い正統派美少女でした。
 ちょ、これは無しですよ……(汗)
 
 彼女は渚のエピソードにも絡む子なので、シナリオ横断すると結構重要な役どころになるはずですが、こんなに妙にキャラ立ててしまって大丈夫なのだろうか、と。

 まぁ、とりあえず、ことみの頑張っている姿が20分近くも見られて嬉しかったです。

 現時点でことみは朋也のことを諦めていない(当たり前だ)わけですが、その状態でこのまま話を進めてどうつじつまを合わせるのかは、興味深いところです。
 原作シナリオの肝である、ことみの内心の動きを、京アニが全く無視するとは思えませんので……、

 でも、マジでどうするつもりなんだろう……。
漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(9)

アニメCLANNAD6話「姉と妹の創立者祭」感想

画像はなんとなく貼り付けてみただけです(汗)。

ことみ出番無し。
マジすっか〜……。次回予告には出てたけど…。

内容的には風子ワールド全開。

 属性のある人にとってはいいんでしょうけど、私はちょっと…、かなりキツかったです。

 私にとって風子はあくまで「他者」なので、演出が大仰になればなるほど違和感が出てしまいます。おいてけぼりにされてる感じ。

 今週は、ことみルートの動画を見続けてたから余計にそう思うのかもしれませんが。京アニ補正でも駄目だったか。

 まぁ、原作ニュアンスの再現度が高いのは認めます。でも、名雪であれだけ(いい意味で)裏切ってくれたのに……とは思います。まぁ、そこまで望むのは酷っすね。

 ただ、プチメイド姿の風子は異様に似合ってたなぁ。

「最悪です」

 ごめん、やっぱり私と風子は相性悪いみたいです。これはもう、どうしようもない。

「そこはかとなく最悪です」
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

「CLANNAD」第3話「涙のあとにもう一度」感想とか

……。
 原作やってない人には、かなり辛い展開になってる気がします。この話がどこへ行くのか。正直わけがわからないのでは。前回は割とわかりやすいエピソードがかたまってたのですが、今回はその反動か、とりとめのない話になっている気がします。
 一応、先の展開を知っていたら伏線がガンガン入っているのがわかるのですけどね。
 公子さんとか、あれだけじゃなんのことかわかんないし、祐介さんなんか、ただの変な人だしなぁ。この二人をセットで出す、ということはあれやこれやをクライマックス直前に持ってくるのかなぁ、と。でも、現時点でわけわかんないでしょ、これは。
 ドルジ(違)は笑えましたけどねw リトバスネタは反則。
 その中で渚はやはりかわい過ぎる。現時点で、アニメ化において最もリファインされた女の子は渚でしょうね。今回風子との共演シーンがあったのでなおさらその差は感じましたね。風子が原作まんまなので、落差がw
 そして、今回ゆきねぇがついに登場しました。CLANNADのメインキャラで最もまともな女の子、だと思うのですけど、その分影が薄いのが悲しいですね。一応原作のパッケージイラストには登場しているのですよ、彼女。上の画像見てもらうとわかると思います。ちなみに椋は出ていない。でも、ゆきねのアニメOPでの扱いはむっちゃその他大勢扱いでしたね。ネットでも「いらない子」扱いが定着している彼女。剣道やってる兄がいるどうかは不明。強く生きて欲しいです。

 つうか、また、ことみ出番無しかよ。洒落になんないです、がっくし。
漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

私の好きな漫画紹介(長編・定番のぞく)

「10巻以内で完結してておもしろいマンガ教えてくれ(「VIPPERな俺」)を参考に、全10巻以内で完結している漫画を列挙してみる(文庫カウントも含む)。
元記事
http://d.hatena.ne.jp/kaien/20071018/p1

http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-370.html


という話題を見て、自分なら何を薦めるか考えてみた。多分全人類平均よりは多く漫画読んでいると思うので、その知識が役立つのなら幸いである(注:役立たない)。

まぁ、元のサイトやスレで既に大概の定番は紹介されているので、それ以上言及する必要性はあまりないのですけど、あえて。

単純に読んで得したと思われる作品を挙げてみる。

 まず、木崎ひろすけの「少女・ネム」でしょうね。話はきっちりと終わっているわけではないですが、その独特の世界の空気を味わうだけで満ち足りた気分にさせてもらえました。漫画を描く、という面において天賦の才能を持ったある内気な少女のことさら不器用な振る舞いは、凄くせつなくて、美しくていとおしかった。

 最近読んだ漫画だと、シギサワカヤの「九月病」が面白かった。元々同人作品ということですが、最初凄く読みづらいのですけど、後に行くにつれてどんどん物語に引き込まれていく勢いを感じました。妹と同棲生活を送る仕事にまじめなサラリーマンのお話です。 ただし、ポイントは、いろいろと屈折している所。彼も妹も、そして彼の同僚も。幸せになりようがない人々はどうすればいいのか。ラストは正直仰天しました。

 冬目景「羊のうた」は既に元スレで挙げられているので、似た絵の美しさを求めるのなら、ということで鳴子ハナハルさんの「かみちゅ」を挙げておきます。アニメとメディアミックスしているので有名かと思いますが、漫画版の画面の美しさは一級品です。

 片山愁の学園便利屋シリーズもなかなか面白いですね。
 「ブリザードセンセーション」、「Proud of you」、「スクラップパーティー」、「回転パズル」、「クリスタルEYES」……初期の作品群には荒削りな部分も見受けられますが、その硝子細工のような透明感が独特。読後の余韻はなかなかのものです。後期は比較的普通の漫画っぽくなってしまうのですけどね。中期あたりが読みやすくてお薦めかな。

 ストーリーで読ませてくれる作家、といえば、星里もちるを外すわけにはいかないでしょう。彼の作品で私が推すのは「わずかいっちょまえ」、まぁ当たり前過ぎるチョイスですみません(汗) 「受験戦争」を背景に置いた、少女の、少年の、そしてかつてそうであった人々の物語。飼い犬のマッハ号や謎のウォンバットまで交えて存分に繰り広げられるヒューマンストーリーはすばらしい。ひとはわかりあえるのか。
 同じ星里もちるさんだと「夢かもしんない」、「りびんぐゲーム」も秀逸。「りびんぐゲーム」は前半が特に好き。「夢かもしんない」は全般に渡って好き。現実に疲れた人に送ります。この世界も捨てたもんじゃない。

 木城ゆきとの「銃夢」も実は9巻で終わっている。ラストオーダーまで含めると20巻近くなってしまいますけどね。サイバーパンクの美味しいところをかき集めた感のSF大作。人間とは何なのか、いろんな角度から心を抉ってくれます。

 SF系統なら鬼頭莫宏の「殻都市の夢」の閉塞感も大好きだなぁ。「ヴァンデミエールの翼」と並んでその異質さに痺れます。「なるたる」や「ぼくらの」もいいけど、あっちはなんというか生々し過ぎる。あえて言えば美しいのは「殻都市」や「ヴァンデ」になると思う。なんとも拗くれた美しさではあるけれど。

 たぶんまだまだあると思うけど、今日はこれぐらいにしておこう
漫画 | permalink | comments(2) | trackbacks(5)

原秀則“野球”短編集さよならゲーム (ヤングサンデーコミックス)

読了。

良作。
作者の原秀則さんは、
三木市のお隣の市の明石市出身の漫画家さん。
意外と近くなんですよね。

 以前の「やったろうじゃん!!」では主人公の高校は「朝霧高校」でしたが、明石市に朝霧という地名はありますし。
でライバルの強豪校が「滝山高校」でしたが、これは「滝川高校」がモデルっぽいですね。

 昔同じ作者の「さよなら三角」が好きで、ちょうどサッカーやってた頃でもあり、かなりハマりました。
 最初は続けてスポーツ物の漫画を描いていた原さんですが、
 「冬物語」でせつない物語を描き、これがその後の作品の基調になったような気がします。当時友人と「しおり」と「奈緒子」でどちらが好きかで論争した覚えがあります。私は勿論しおり派でした。

 さて、その後、原さんはやがてスポーツ漫画、というか野球漫画へ戻ります。
 その作品にせつなさを加えたままで。

 「やったろうじゃん!」や「青空」に昔の快活さは薄く、独特の諦観を伴う物語になっています。
 
 この短編集にもその傾向は色濃く出ています。
 その辺が好みの人にはお薦めの一冊だと思います。
 ちなみに私は結構好き。

漫画 | permalink | comments(2) | trackbacks(4)

カルドセプト 6 (6) (マガジンZコミックス)


読了。
感動度9 完成度9 お薦め度9 評価9
印象プラス度8
印象マイナス度1

ようやく出版されました。
やはり黒幕はあいつだったか、と納得。
物語は最大の盛り上がりを見せています。
実に手堅い作品。こういう作品があるとなんか落ち着きますね。
次巻で終わりかな。
続きを楽しみに待つとします。
漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

センゴク 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)

感動度8 完成度7 お薦め度7 評価7
印象プラス度4
印象マイナス度3
 
 あまりインパクトはなし。まぁ「九月病」と比べたらいかんよね。まぁ、良くできているという印象。
内容的には「信長公記」マンセーな感じ。まぁ、それはそれでOKでしょうか。
実にオーソドックスなつくりなので、ライトな戦国時代好きには最適化されているのかな、と思います。「時代劇」的なお約束を排除しようという気概は伝わってきます。
 ただ、現実に近づけると、合戦描写はどんどん泥臭くなってしまうんですよね。その辺で好みは分かれるかも。
 仙石秀久を主人公に据える辺りは面白い試みですね。戸次川の戦いで大敗くらってるから、「信長の野望」系だと武将としては役立たず的な能力設定だったりするんですけどね。ちなみに「天下創世」だと能力値合計は1000人中982位(爆)
 作中でも表現されてますが、軍組織的な統制とかにはそぐわない人物だったと思われます。
 でも、その浮き沈みの激しい型破りな人生には確かに魅力があります。漫画の主人公としてはいい選択じゃないでしょうかね。実際一般的にウケてるみたいだし。
 続きも読んでみることにします。


漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)