私の在処

漫画とかアニメとか、たまにスポーツのこととかについての日記(多分)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

第3回海燕オフ報告書(その1)

9/20に海燕さん関連のオフ(第3回)が東京であったので参加して来ました。

参加者は海燕さん、ペトロニウスさん、sさん、平和さん、烏蛇さん、いずみのさん、からすとうさぎさん、私こと「かんでたくま」、計8人。

 南総里見八犬伝ではないですが、八犬士勢揃いみたいで圧巻でしたです。皆さん博識で、それぞれ独自の世界を持っておられていろんなお話が出来て面白かったです。

 ちなみに海燕オフに3回連続で参加したのは海燕さんを除けば、私だけということらしいです。

 よっぽどファンなんだなと再認識。

 さて、その内容ですが、まず外せないのは「グイン・サーガ」の話題ですね。新宿の落ち着いた雰囲気の喫茶店で、海燕さん、ペトロニウスさん、私、sさんの4人テーブルで行われたのですが、sさんはグインを未読。おかげで3人だけで突っ走ってしまいました。

 海燕さんもペトロニウスさんもおっしゃってましたけど、「グインの話がこんなに通じて共感できるのは初めてだ」 私も心からそう思いました。

 厳密に言えば、海燕さん、ペトロニウスさんのお二人がより近く、私は若干別の立場を取って話をしていたのですが、結論としては、その違いは些末なものだと感じました。

「グイン・サーガの世界は「ある」んですよ」

 ペトロニウスさんのこの言葉は衝撃的でした。

 そう、そうなんですよ。うなづくしかありませんでした。グイン・サーガの魅力の本質はまさにそこにあると思うのです。あの世界は本当にある。そう感じる、とかではなくて、ただ事実として「存在する」のです。

 中学生の頃、グイン・サーガを読み始めた頃の僕は少なくともその感覚を実感していた。その後、約10年間に渡って。

 それは、他で得ることのなかなか出来ない感覚でもあった。そして、私はやがて、その世界に接続することが出来なくなった。それはリテラシーの問題であり、栗本薫さんのサイトを直視してしまったトラウマのせいでもあり、現実世界で私が経験したショックのせいでもあると思う。そして勿論、文体の変化、「短期的な」主題の変化もあった。

 私はグインを読んでも以前のように評価できなくなってしまった。私はそれが辛くて読むのをやめてしまったのですよね。

 海燕さんにも以前グインの小部屋で指摘されたことがあったと思います。今回も話題にでましたが、グインが後半エンターテインメント性に欠けることを持って非難することは、見当違いである、という話。世界を写し取る、というのがグインサーガの主題であるのだから、という話。

 今回、ペトロニウスさんと海燕さんのお話を聞いていて、私は自分の立ち位置が明確に解ったような気がしています

 私は別にエンターテインメント性に欠けるからグイン・サーガの後半を積極的に非難しているわけではないのです。むしろ、そういう立場に対して批判的です。

 私はただ、自分がグインの世界に常時接続できなくなったことに対して絶望していたのです。

 そして、海燕さん、ペトロニウスさんはお二人とも、今もなお、常時接続状態を保っていらっしゃるのですよね。本当に羨ましい、です。

 ペトロニウスさんは「信仰だから、仕方ないでしょう。少しばかり欠点が見えたって、気になるわけないじゃないですか」と仰っていました。

 私も、かつては栗本薫さんを信仰していた、そのことを思い出しました。

 崇拝と呼ぶのが正しいような感覚。

 それを持っていたからこそ、無くしてしまった自分が辛くて、読むのをやめてしまったのですよね。グインは5冊ほど貸し出し用のを買って友人等へ貸し出ししまくってましたので、まぁ私も布教していたようなものだったのですよね。

 だのに、グインの本質をきっちりと受け入れることは出来なかった。

 ゲーム「SWAN SONG」で新興宗教の教祖たる乃木妙子が、自分が信じて教徒に対して説いていた教義が実は何の根拠も無かったこと、自分が何も知らない小娘だったことを母に暴露され、子供のように泣き叫び、嘘と知りながらさらに教徒を先導し続けようともがく苛烈なシーンがあるのですけど、まさに私もそういう心理状況だったわけです。

 栗本薫さんは神ではなかった。それでも、グイン・サーガという作品は確かにWORK、神のつくりし物だった。

 そのことを思い出すことが出来たのは物凄い快感でした。そう、まさに、妙子が、幼き日に、本棚に囲まれた暗い部屋の中で包まれた、あの輝きを思い出したように。

 私はグインに絶望を感じた後、エヴァに世界を感じ、また突き放され、そして「AIR」にて再び世界と一体化する快感を得て、救われることになるのですが、またそれは別の話になりますね(その経緯は以前に書かせていただきましたし)

 そんなこんなで3時間ほど延々とグインについて話しました。

 楽しかったです。

 で、それ以外にもいろいろと話をしたわけですが、次回へつづく、ということにします。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(8)

大河ドラマ「風林火山」

NHK大河ドラマ「風林火山」がなかなか面白いです。

 武田晴信(信玄)の正室、三条夫人と側室の由布姫(諏訪御寮人)の確執がついに始まりました。
 三条夫人はち〜ちゃんこと池脇千鶴さんが演じているのですが、いや〜かわいいですね。
公家出身のお姫様でおっとりした優しい奥さん、という感じなんですが、プライドの高さも時折見せたりしてくれます。でも、基本は子供子供した性格なので、すぐ泣きべそをかいたりしてしまったり。本当にかわいい。
 それと対象的に描かれているのが柴本幸さん演じる諏訪御寮人。頭脳明晰にて性は狷介。武田に対する傲岸不遜な態度は、ちょっとやりすぎな感もあるくらい。結果的に諏訪は滅びたんですからこんな態度取ってたら普通亡き者にされまっせ。んだけど、まぁ、晴信さんはそういうおなごが好みらしく、無茶苦茶積極的にアプローチしてはるし(笑)
 仲を取り持つ勘助さんもたまったもんじゃないですよ。
 私だったら、ち〜ちゃんがいたらそれで十分だと思うのですがね。まぁ一応表向きは政治的な判断ということにしているのですけども、どう考えても色香に迷ったでしょ、って描写だしw
 これからの展開にも大期待です。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(203)

一太郎2007 特別優待版

評価:
---
ジャストシステム
¥ 8,574
(2007-02-09)
Amazonランキング: 335位
一週間も使ってるとVISTAに慣れてきて、別に不満もない……いや、一つだけ物凄く気になることがあった。
日本語FEPのひどさだ。
VISTAになって、おそらくIMEも進歩したんだろうと思うけど、ATOKを使い慣れた人間からすると、やっぱお話にもならないわけで。
単純に日本語入力が苦痛になってきたので、この際どないかしようかなとか思ってたら、スタパさんがATOK2007いいぜ、とコラムを書いておられた。それに後押ししてもらった格好で、atokというか、一太郎2007を導入してみた。

で、今これエディタモードで打ち込んでるのですけど本当に快適。気持ちいいっす。変換方法が慣れてるから、とかいうレベルでなく、変換の効率の良さが違いすぎるのです。変換キーを押す回数がほぼ一回ずつ。これが当たり前だったんですよね。IMEに戻って変換キーを何度も押しまくるうざったさはやっぱ耐え難い。
というわけで強力にATOK導入をお薦めします。特に長文打ちの方は効率アップ間違いなし。
まぁ辞書を鍛えまくればあまり関係なくなるのかもしれませんけどね。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(156)

ドイツ軍の小失敗の研究―第二次世界大戦戦闘・兵器学教本

評価:
三野 正洋
光人社
¥ 780
(2007-01)
Amazonランキング: 216848位
読了。

私は世界史については素人なのですが、
この本はわかりやすく楽しく読めました。

この本の冒頭にもあるように、ドイツ軍の戦略構想自体が大失敗であったのは自明の理なのですが、それでも幾つかの幸運を生かすことが出来れば戦局は大きく変わった可能性は考えられます。それを妨げたのは、ドイツ軍の数々の「小失敗」のためであります。
この本では、その小失敗を個別にわかりやすく説明してあります。
 戦史研究書は、膨大な資料を消化しきれず、細部まで解説を施すことにより、結果として予備知識がなければ、読み進めることが困難な場合がよくあるのですが、この本は、情報をうまく取捨選択し整理してあるので、非常に読みやすかった。その点が非常に好感が持てました。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(6)

凄い間桐桜フィギュア

Fateの桜フィギュアです。
元記事で強調されてる下着についてはどうでもよくて(爆)、
とにかく、この顔の造型と表情によるキャラの再現性がもの凄い。
あの桜の「内面は救いようがないけど、外見はすさまじくかわいい」というどうしようもなさが、絶妙に再現されています。かわいいんですよね、畜生w
つうか原作の横顔の微妙な不自然さまで再現してるよ。なんなんだ一体。
久々に感動した。

元記事にリンクされてるセイバーと比べても出来良すぎ。
セイバーの方が好きな私としては、なんとも悔しい限りです(^^;
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

よつばとしろとくろのどうぶつ

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ
あずま きよひこ

読了。
えほんです。
白と黒の色をした動物ってこんなにいるんだー、すげー。
と思った直後、

体表の色素が無いだけじゃん。
動物は100万種以上いるんだから、確率的に当たり前だぜ。

という心の声が。

「これだから大人は!!(怒)」
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

今日の水戸黄門は三木が舞台

 今日放映の「水戸黄門」は私の住んでる兵庫県三木市(当時は播磨国三木)を舞台に展開されました。
 実はこの収録については実際に三木市でロケが行われたりしております。
 実は三木商工会議所が中心となって誘致したのですよね。
 そんなもので三木の金物、「播州打刃物」が宣伝されたりしてました。知ってるブランドの鉋とかドーンと出てきて面白かったです。
 あと、冒頭で黄門様のお参りしていた墓は別所長治公の胴塚だったりしますが、私の家の一族はその寺(法界寺)の檀家の一つだったりします。父が檀家のとりまとめの役をしてたりします。
 んなもんで、黄門様が手を合わせて拝んでるその背中側10m先のあたりにうちの一族のお墓があったりします。

 他にも若君が襲われた「本陣」前は三木市内の別の寺、「伽耶院」で撮影されたもののようです。「伽耶」というのは私の小説の登場人物の名に使わせてもらったりしてました。
 劇中では本陣(伽耶院)は法界寺のすぐ近所のような描写ですが、実際には優に10km以上は離れています。
 知ってる者が見たら瞬間移動しまくってるみたいで笑えました。
 他にも、去年仕事で関係してた温泉施設「よかたん」で由美かおるが悪家老の背中を流したり、と見所満載でした。
 放送前にここでも告知してたらよかったな、とちょっと後悔。

その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(7)

MGストライクガンダム+I.W.S.P.

MG ストライクガンダム IWSP
MG ストライクガンダム IWSP

ホビージャパン読んでて、私の目を惹いたのがこれ。
なんか、むちゃくちゃかっこいいんですけど。
そういやルージュにこんな装甲パターンありましたねーと。

ちなみにホビージャパン掲載の写真はこの写真とは雲泥の差でかっこいいです。
なんだこれは、全く、ポージングを理解してないっすよ。。

しかし、やっぱストライクかっこいいっすね。大好きです。このフォルム。

MGつくりたいなぁ。暇ないですが。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(4)

わんこ2



もう一枚テスト
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

犬アップ

その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)