私の在処

漫画とかアニメとか、たまにスポーツのこととかについての日記(多分)
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 九月病 下 (3) (ジェッツコミックス) | main | カルドセプト 6 (6) (マガジンZコミックス) >>

センゴク 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)

感動度8 完成度7 お薦め度7 評価7
印象プラス度4
印象マイナス度3
 
 あまりインパクトはなし。まぁ「九月病」と比べたらいかんよね。まぁ、良くできているという印象。
内容的には「信長公記」マンセーな感じ。まぁ、それはそれでOKでしょうか。
実にオーソドックスなつくりなので、ライトな戦国時代好きには最適化されているのかな、と思います。「時代劇」的なお約束を排除しようという気概は伝わってきます。
 ただ、現実に近づけると、合戦描写はどんどん泥臭くなってしまうんですよね。その辺で好みは分かれるかも。
 仙石秀久を主人公に据える辺りは面白い試みですね。戸次川の戦いで大敗くらってるから、「信長の野望」系だと武将としては役立たず的な能力設定だったりするんですけどね。ちなみに「天下創世」だと能力値合計は1000人中982位(爆)
 作中でも表現されてますが、軍組織的な統制とかにはそぐわない人物だったと思われます。
 でも、その浮き沈みの激しい型破りな人生には確かに魅力があります。漫画の主人公としてはいい選択じゃないでしょうかね。実際一般的にウケてるみたいだし。
 続きも読んでみることにします。


漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kande-takuma.jugem.jp/trackback/688
この記事に対するトラックバック