私の在処

漫画とかアニメとか、たまにスポーツのこととかについての日記(多分)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 私の好きな漫画紹介(長編・定番のぞく) | main | 京アニCLANNAD第4話「仲間をさがそう」感想。 >>

「CLANNAD」第3話「涙のあとにもう一度」感想とか

……。
 原作やってない人には、かなり辛い展開になってる気がします。この話がどこへ行くのか。正直わけがわからないのでは。前回は割とわかりやすいエピソードがかたまってたのですが、今回はその反動か、とりとめのない話になっている気がします。
 一応、先の展開を知っていたら伏線がガンガン入っているのがわかるのですけどね。
 公子さんとか、あれだけじゃなんのことかわかんないし、祐介さんなんか、ただの変な人だしなぁ。この二人をセットで出す、ということはあれやこれやをクライマックス直前に持ってくるのかなぁ、と。でも、現時点でわけわかんないでしょ、これは。
 ドルジ(違)は笑えましたけどねw リトバスネタは反則。
 その中で渚はやはりかわい過ぎる。現時点で、アニメ化において最もリファインされた女の子は渚でしょうね。今回風子との共演シーンがあったのでなおさらその差は感じましたね。風子が原作まんまなので、落差がw
 そして、今回ゆきねぇがついに登場しました。CLANNADのメインキャラで最もまともな女の子、だと思うのですけど、その分影が薄いのが悲しいですね。一応原作のパッケージイラストには登場しているのですよ、彼女。上の画像見てもらうとわかると思います。ちなみに椋は出ていない。でも、ゆきねのアニメOPでの扱いはむっちゃその他大勢扱いでしたね。ネットでも「いらない子」扱いが定着している彼女。剣道やってる兄がいるどうかは不明。強く生きて欲しいです。

 つうか、また、ことみ出番無しかよ。洒落になんないです、がっくし。
漫画 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kande-takuma.jugem.jp/trackback/694
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/19 10:10 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/10/19 2:24 PM